03.25
Fri
こんにちは!3月になり、臨月を迎え産休に入りましたスタッフのひさこです。
今日の「ヒエトリスタイル!」ブログは、番外編として、私の妊婦臨月リポートをお届けしたいと思います。

ringetu

私には3歳になる息子がいます。
産休に入ってから、3歳の息子と二人きりの時間を大切に過ごしています。
今日は、もうすぐお兄ちゃんになる息子を通して感じたことをお伝えしたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

元々甘えん坊の息子ですが、ここのところそれに輪をかけて甘えん坊になりました。
多分今まで、私が仕事で一緒にいれなかった時我慢していた寂しさと、これから何か大きな変化が起こるだろうという予感からだろうなぁと思い、キュンと胸が苦しくなったりします。すやすやと眠る寝顔を見ている時は。

しかし日中は、臨月の私に

『走って!猛スピード‼』
『ねー壁登って!』
『ジャンプして‼』
『追いかけてきて!オレ逃げるから』


疲れた、休憩 と思って休んでいると、 『寝ちゃダメ!座っちゃダメ!目開けて!』
鬼教官と生徒のような日々を送っております。

彼に休憩という言葉はありません。3歳児の体力はハンパじゃないです。

ふだんは天真爛漫に遊んでいる息子ですが、とても気持ちが優しく、周りをよく見ています。
今は少し我慢をしていないといけないのかな?という場面になると、我を通すことをやめて静かに一人で遊んでいたり、黙って待っています。
ですが、『今のうちにこれをやっておきたいなぁ~』『ちょっと友達に会いにいきたいなぁ~』と思ってこちらの都合で動こうとしたり、彼に我慢をさせようとすると、ものすごく反抗します!
何だかすべてを見透かされているような感じです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

数日前、お腹の張りが強く体が辛かったので、鍼灸師の旦那さんに治療をしてもらっている時のこと。
息子は、『何してるの~?』と言いながら私と旦那さんの周りをうろうろ。すると電話がかかってきました。起き上がるのも辛かったので、息子に『電話に出てくれる?』とお願いすると、受話器を取り電話に出てくれました。電話の相手は貴子さんでした。

息子は『今ね、ママお腹が痛い痛いになっちゃって、パパが治してるの』と言いました。
私達は顔を見合わせてびっくり。教えた訳ではないのにちゃんと状況を読んで人に説明してる!
彼の言葉を聞いた貴子さんは、私に陣痛が始まったと思い焦ったそうですが(笑)

『まだ小さい子供だから細かいところは分からない』という考えが、そのとき吹っ飛びました。

息子は、膝の裏に湿疹があり、寂しい思いをしたり不安になった日に必ず痒くなります。
そして夜眠るとき、『足かいかい、掻いてくれる?』と言ってきます。その時、振り返ると色々と思い当たる節があります。
子供ってちゃんとSOSを出して教えてくれてるんですよね。なので、彼が取る行動にはすべて意味がある というのを忘れないようにしています。

下の子の存在感が大きくなってから湿疹が強くなったり、夜泣きをしたり不機嫌になったりすることが増えました。
でも、それと同時に着替えやトイレなど、自分のことを自分でやろうとすることも増えました。
息子の小さな胸の中で毎日色々な感情が芽生えて葛藤しているのだなぁと感じます。
shun

二人目が産まれてきたら私の余裕がなくなって、今まで通りじっくり見てあげられないだろうなぁ と不安な面もありますが
私の疲れを吹っ飛ばしてくれる息子の笑顔がこれからも沢山見られるよう、1人で気負わず、周りの方に助けてもらいながら、子育てライフ第二章を始めたいと思っております!

(ひさこ)

CURAスタイルホームページに、春の冷えとりについてのポイント ページを作りました。ぜひご覧ください。


にほんブログ村にエントリーしています。 応援よろしくお願いいたします! にほんブログ村 健康ブログ 冷え取り健康法へ
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://hietoristyle.blog.fc2.com/tb.php/270-9320be15
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top